治験コーディネーターの勤務形態 - SMOとは何か?

治験コーディネーター → 治験コーディネーターになる方法

治験コーディネーターになる方法

現在、治験コーディネーター(CRC)として働いている人は、2種類の勤務形態をとっています。1つは、病院などの医療機関や製薬会社に雇用される形です。もう1つは、SMOという団体に所属して、必要とされる機関に派遣される形です。

SMOとはSite Management Organization(サイト・マネージメント・オーガナイゼーション)の略で、治験施設支援機関を意味します。治験が行われるのは製薬会社内ではなく、治験実施施設と呼ばれる医療機関です。

SMOでは、医療機関と提携して治験をサポートする他、CRCの教育やスタッフの派遣を行い、高品質の治験業務がスピーディーかつスムーズに行われるように支援しているのです。

日本には、日本SMO協会という団体があります。厚生労働省が法で定めたSMO業務の規定を遵守し、治験やCRC関連の事項を取り扱っています。CRCになってからのスキルアップ指導や認定制度なども管理している協会ですから、登録しておくと何かと役立ちます。

医療機関や製薬会社に直接雇用されてCRCとして働くには、人材募集があるときに応募する方法があります。あるいは、医療関係者の紹介でCRCとして働き始める人もいるでしょう。

CRCになるために必須の資格はありませんが、仕事をする上で必要になる知識をあらかじめ持っている看護師や薬剤師、臨床検査技師は就職に有利です。これらの資格を持っていれば、後は人材募集を探して応募するだけでOKです。

一般的な人材募集の情報を探すとき、役立つのが人材募集サイトです。人材募集サイトには、CRCの募集も掲載されています。また、CRCを含めた医療関連専門の人材募集サイトも存在します。

募集情報が載っているだけでなく、インターネットを通じて応募も可能ですから、お仕事中の方でも24時間好きな時間に気になったところに応募できるメリットもあります。このような情報サイトを利用すると、効率よくCRCの募集を見つけて応募することができますよ。

日勤のみ、土日休みの看護師転職先は?

日勤のみ、土日祝祭日休み。働く方にとっては理想のスタイルで、一般の職種だとこれが当たり前となっています。看護師にとっては羨ましいと思う方は多いかもしれませんが、学生生活を終えたばかりの新人ナースならそれを強く感じるかもしれません。お友達との付き合いも減っていくわけですから。

「看護師の仕事はクリニック以外、平日朝から夕方まで働くなんてできっこない。」と諦めていませんか? あなたが新人ナースなら、経験とスキルアップのために大きな病院で仕事をされるのがお勧めですが、家庭を持つ看護師なら平日のみ日勤という形で働かれても良いと思います。

転職先として考えられるのは個人病院、新薬治療治験を行っている企業、学校の保健室、保育所などがあります。実はそれ以外、大きな病院というのもあります。

大きな病院だと夜勤が当たり前で、土日祝祭日なんて絶対に休めないという感じですが、オペ室勤務になると手術の日程が予め組んであること、またそれが平日のみ日勤時間帯ということが多いため、希望が叶うというわけです。

緊急手術がある場合もあるでしょう。でもその時に急いで駆けつけてくれということは、担当外科医師じゃない限りないと言ってもいいでしょう。他には訪問看護ステーションという転職先もあります。多くは土日祝祭日が休みですし、勤務時間も9時から18時程度までとなっています。

しかもお住いの地域であれば訪問先も遠くありませんし、担当患者さんは決まってくるでしょうから比較的楽に仕事をすることが可能です。朝一緒に家族揃ってご飯を食べ、帰宅してからもそれができ、休日も同じなら家庭と仕事の両立も難しくありません。大型連休なら家族旅行だってできるのです。

通勤時間を短くしてそれを実現したいのなら、個人病院や学校の保健室、保育所、訪問看護ステーションを転職先と考えてみてください。少しくらい遠くても手当などをしっかりと頂きたいのなら、大きな病院のオペ室への転職を考えてみるのです。